msgbartop
夢占いを無料で楽しむ夢手箱2.0です。夢占いとは夢から深層心理を診断する占いです。夢占いに関する質問集もあります。無料の夢占いは毎日受け付けています。
msgbarbottom

2008年03月31日 ある街にたどり着く夢

主人公は10歳に満たない少女で、服装は柔らかい感じのピンクのコートと靴とベレー帽。髪はブロンドでストレートのセミロング。多分白人。
一両か二両くらいの編成の、人気の無い電車に乗っている。
外は晴れていて、季節を言うならば春?暖かい感じ。
山間というか岩間というか人の手のはいっていない様子の線路。

しばらく乗っているといつの間にか電車が止まっているので、私は歩いていくことにする。
花をつんだり虫を追いかけたりしながら進んでいくとトンネルがあって、中はところどころが蒼く光っている。
別段不思議にも思わずポケットから大きな飴玉を出して中の一つを食べる。

トンネルをいくつか越えると、やはり無人の大きな街についた。
線路はそこで終わっていて、電車止めのようなものがトンネルを抜けたところに突然ある。街は結構小奇麗な白い壁と濃い茶色の木枠で構成されたおしゃれな感じ。
トンネルを出て左手が街になっていて、右側には背の高い鉄柵がある。子供の目線なので良く分からないがとても高く感じた。
鉄柵の向こうは真っ黒だったので、のぞこうと柵をすり抜けると地面がなくて落ちた。
鉄柵につかまったまま下をみるとやはりまっくらで、私のピンクのベレー帽と靴が片方落ちていくのが見えた。
別に怖いとは思わなかった。

夢占いの結果
成長過程に見る夢ですね。
ステップを超えるには、そのときどきで大きな努力が必要です。
そろそろステップアップの頃ですよという意味です。

夢のキーワード(夢辞典)
少女→未来、可能性
白人→未知
電車→活動
トンネル→ヒント、脱出
柵→境界、仕切り



Leave a Comment