msgbartop
夢占いを無料で楽しむ夢手箱2.0です。夢占いとは夢から深層心理を診断する占いです。夢占いに関する質問集もあります。無料の夢占いは毎日受け付けています。
msgbarbottom

2019年04月10日 壁にかかった和風カバンの夢

誰かが、プレゼントを渡した。彼女は、受け取って、カバンに収めた。ところが、壁に掛けてあった和風のカバンの外側にはめ込むように押し込んだだけ。陶器のようなプレゼントがはめ込まれていて危なそうだった。
落ちて壊れてしまうと焦った。

夢占いの結果
傍目には光栄なことでも自分では望んでいないことを押しつけられ(期待され)、気が滅入っています。

夢のキーワード(夢辞典)
プレゼント→権利
カバン→課題、義務
壁→境界、隔たり

2019年01月24日 壁に穴があく夢

周りは薄暗い。
目の前に壁がある。何も触れていないが、壁の真ん中に、穴があいていく。ぽろぽろとかけらが落ちる音がする。
私はそれを見て不安になる。
穴をもっとよく見ようとするが、その時には穴は消えている。
視線を外すと、またかけらが落ちる音がして、穴が広がっていく。穴が直径5センチくらいになると、拡大は止まる。
よく見ようとすると、今回もまた消えている。
穴があくことも、穴が見えないことも不安で仕方がないと感じている。

夢占いの結果
慎重に事を進めればうまくいきそうです。
大胆に突き進むのは、見た目はかっこいいですがリスクが高すぎます。

夢のキーワード(夢辞典)
暗い→不安、吸収
壁→限界
穴→脱出、ヒント

2018年12月05日 結婚する夢

ずっと復縁、結婚を望んでいる元彼と結婚する夢を見ました
彼は去年結婚してしまいましたが、相手の方は亡くなってました
遺影、祭壇も出てきて、名前が旧姓でも、彼の苗字でもないので聞いたら、相手の方の両親は離婚していて、母の姓にしたら土地をあげる、家建ててあげると事で母の姓に最近変えたと

沢山知ってる人が出てきて、本当は私の事が彼は一番好きだったんだよなど皆が色々教えてくれて
彼は元気はなかったですが、おらおらの彼がとても優しくて、これからお願いしますと言ってました

夢占いの結果
もう一人の自分が顔を出して来る年になりそうです。
するとそれまでなんとも思っていなかったことが気になってくることに。その代わりにこれまでの課題は一気に解消となりそうです!

夢のキーワード(夢辞典)
元彼→課題
結婚→旬、機会
亡くなる→再生
名前→アイデンティティ
知人→日常

2018年11月20日 へそくりを発見!する夢

お菓子の箱に、2冊の本が入っていた。
1冊を広げると、紙がはさまっており よくみると紙幣。
これが1100という半端な金額で 実際には560円札。
プレミア的なお札なのかなと 思う私。
すると、これ以外にも 本のあちこちが、普通の紙幣が出てきた。
誰がへそくったのかは、わからないけれど ちょっと嬉しい気持ちになる私。

夢占いの結果
何から何までうまくいかないときは不幸せですが、それと真逆の何から何までうまくいくときが幸せの絶頂かというとそれほどでもないものです。
まあまあ幸せで、一つ二つの問題を抱えていてそれらを解決するために頑張っているときが最も幸せなのでは。

夢のキーワード(夢辞典)
お菓子→余裕
箱→不満
2→バランス
本→知識、情報
お金→愛情、気持ち
1→始まり
0→区切り

2018年11月12日 ジムに行く夢

私はスポーツに懸命に取り組む人がいるところにいる。二人のエネルギッシュな女性と主にチームを組んでいるが、他にもいろいろな人が登場する。

嫌な性格の女の子がなんとなく嫌がらせをしてくる。

知り合いのカバンを見ると、私があげたものや、他のものがいっぱいあったので、慌てて元の場所にだいたい戻した。

ある男性が、私に近くに来て寝るように言う。すると、自分の手でクスクスをスプーンに取り、私に食べさせ、私にも逆を期待していたようだったので、嫌だと思う。

夢占いの結果
いいことばかりのように見えても、その影では悪い面もあります。同様に不幸続きのように見えても実は幸運だった(それに気づかなかった)という場合もあります。
そう感じられないのは、見えていないだけです。

夢のキーワード(夢辞典)
スポーツ→結果
チーム→バランス
いやな人→欠点
カバン→課題、義務
寝る→回復、休息
食べる→理解、納得
クスクス→融合

2018年10月25日 津軽海峡冬景色の歌詞を忘れる夢

私は何の会場に来ている。左側に、教会の絵画の壁面のような感じがする大きな絵をかけるところと、西洋風の大きな奥行きの狭い台が置いてある。私はそれが素敵だと思ったので、1,2枚写真を撮る。その後で、もう一度同じ場所の少し違うのを面白いと思って、写真に納める。アジア系かどこかの外国人の舞台が始まる。途中、津軽海峡冬景色を歌い始める。それを歌い始めたので、友人か知り合いだかが、いつの間か、後ろに来ている。ところが、その女性の舞台でパフォーマンスをしている人は歌詞を忘れて、止まってしまう。一瞬、替わりに歌を続けてあげたいと思ったが、私も歌詞を覚えていない。彼女も、歌詞を思い出そうとしているが思い出せそうにない。

夢占いの結果
周りの人たちは楽しそうに余暇を過ごしています。
自分も同じように余暇を楽しみたいのですが、性格上、楽しく余暇を過ごしたという気持ちを持ちたいという欲求が強すぎて、純粋に余暇を楽しめない自分に気づいています。
/
夢のキーワード(夢辞典)
絵画、歌→官能
台→舞台、準備
写真→記録

2018年06月28日 合唱指揮とトイレを探す夢

私は、みんなのコンクールの合唱の指揮を当日着いてから頼まれた。できると思っていて、うれしい。
午前中は、その練習で、日程はゆっくり組んである。その代わりに、午後は講義を受けてもらいますと言っていたが、午後にあるのは、面白そうな講座で、どうしてこれが義務になっているんだろう。と思った。
とにかく、この講義を受講してから、帰ることになっている。
私は、キャンプ場のようなところにいた。バスに乗る待ち合わせ時間の帰りに、野外の洗濯機とトイレと洗面台と男子トイレが一面に並んでいるところで、空いているトイレを探して、行った。一度トイレに行ったが、まだおしっこをしたいので、探しに行く。そうすると、朽木村に住んでいる女性が、準備ぎりぎりで、荷物を持って、現れた。私は、なおもトイレを探し続けるが、男子トイレか、洗面所が多く、見つからない。洗濯機が多すぎると思ったが、実は、私たちの人数は、収容人数の半分かそれ以下であり、最盛期には、これでも丁度なのかなと考える。トイレは少ない。ずっと見渡したり、移動したりしながら、探し続けている。

夢占いの結果
独力で結果を出すのが好きなのですが、善意による協力や支援を断るわけにはいきません。

夢のキーワード(夢辞典)
コンクール→結果、実力
合唱→協力、官能
講義→秩序
キャンプ→仮、暫定、開放
バス→活動、秘密
洗濯機、洗面台→精算
トイレ→取捨選択
荷物→課題、負い目

2018年06月12日 バス旅行でダグマルが子供を預かっている夢

バス旅行に行く。
バスが止まり、下りたところは、がけぎりぎりで、下に行く急な簡易の階段ができているが、私は足がすくんで動けない。
運転手さんに「下に下りなければいけないか」聞くと、「そうかな」と軽く返事している。
怖いので、困ってしまう。
逆の方向に行くと、そちらからも下りられるようになっていて、そこはバスの止まったところに、緩やかな勾配のある公園だった。

バスの下を除くと、鉄の柵があり、女の子の赤ちゃんがおしめをして、私の手の届くところから、手の届かないところに奥に行ってしまった。
心配なので中に入ると、女性たちが座って歓談している。
前の方に下りていって探すと、女の子は向かって真ん中より少し左の座席の下にもぐっていた。
何とか捕まえて抱き上げる。実際にだっこした時は痩せていた。

その時私は自転車のカギともう一つ何か小さなものを持っていて、子供を抱いているとそちらを落としそうだった。
その頃、ダグマルともうひとり女の子もやってきて、子供がかまえる環境が整った。

夢占いの結果
最終決断を下したわけではなく、暫定案の提示だったので、策はまだ思案できるようです。

夢のキーワード(夢辞典)
バス→活動、秘密
旅行→仮、暫定
がけ→決断
運転手→係、責任
階段→時間の流れ
公園→解放、公開
柵→境界、仕切り、別世界
赤ちゃん→未来、可能性、未熟
女性→日常
歓談→交流、しがらみ
抱っこ→確保、所有
カギ→中枢
ダグマル→権威

2018年06月12日 上品な婦人と斜めのエスカレーターに乗る夢

私は、喫茶店に来ている。
飲み物を、娘さんか本人の受験の為に来ていた上品な婦人に出す。
ケーキに興味を持たれたので、小さなガラスの棚を見ると、見本はなく、ビニールなどが乱雑に置いてある。
ケーキがあるかどうか、また出してもよいか、厨房に聞きに行くが、担当者が不在でケーキは出せないようだ。

私は、電車に乗らず、電車が進むにつれて、一緒に進んでいる。ぶつからないか心配だが、ぶつからなかった。
何かの情報を女性に聞いていた。

普通の平らな通路だと思っていたら、いつの間にか、エスカレーターになっているが、このエスカレーターは、階段状にならず、斜めに下りていく。
女性はそれを知っていたので、しっかりつかまって、安定してエスカレーターが下るのに任せているが、私は、足のみ斜めにつけて、手すりにつかまりながら、バランスが取れないでいる。

夢占いの結果
複数の作戦を立てていますが、どれも後ろ向きな作戦のようで、あなた自身はそれを気に入ってはいないようです。
されど代替案は見つからず、という状態です。

夢のキーワード(夢辞典)
喫茶店→交流、しがらみ
飲み物→円滑
受験→確認、実力
上品→体裁
婦人→経験
ケーキ→エネルギー、理解
厨房→準備
担当者→係、責任
棚→課題
電車→エネルギー、活動
通路→計画、工程
エスカレーター→時間の流れ
不安定→動き、不安

2018年04月25日 津波の夢

港町のようなところで暮らしています。現在の環境とは全く違いますが、私の心のありようは今の自分と変わりませんでした。

家の前の道に立っていると、周りが騒がしくなります。警報が鳴ったようで、「あれはこっちじゃない、島の警報だ」「島の連中は大騒ぎらしい」と行き交う人が言っています。津波がくるんだ、と思いました。振り返ると、背後に大波が寄せて来ているのが見えました。ビルより高いと分かりました。私はどうしよう、逃げても間に合わないかな、と逡巡しています。

更に波は迫っています。頭上に、青く透けた波のベールがかかりました。その中を金魚のような赤い魚がたくさん泳いでいます。きれいでした。

それを見て私は目の前にあった電柱によじ登ります(昔の木の電柱で、よじ登るための足をかけるでっぱりもついてる)。登っても流されちゃうんじゃないかしらとか、ネガティヴなことを考えながらも登ります。その間波に動きはありません。時間が止まってるみたいに静止してます。上の方まで登るとら、自分の家が見下ろせる高さです。

その時、頭上で静止していた波のベールが、風船が弾けて中の水が落ちるようにバシャンと落下しました。重さで私の家はぺちゃんこです。隣の家は無事でした。

私は家の中にあった様々なものに未練を感じながら、まあいいや、これで家を建て直せるだろうから。と思い直し、電柱を下ります(現実の私も家の老朽化で悩んでいるのです)

街はやれやれといった空気でした。私は潰れた家を検分することなく、人を訪ねて路地にいきます。そこにいた知人らしき人に刑事を紹介するように頼んでいます。潰れた家の被災届けを出すからよい刑事をお願いしたいようです。

夢占いの結果
一度下された決定は未来永劫に有効かというと、そんなことはありません。
時間がそれらを覆します。

夢のキーワード(夢辞典)
港→出発、集合
警報→切迫
島→閉鎖
波→繰り返し
青→清爽、知恵
魚→好奇心
赤い→エネルギー
電柱→交流、しがらみ
登る→時間の流れ
家→気持ち
路地→計画、工程
刑事→規律、秩序