msgbartop
夢占いを無料で楽しむ夢手箱2.0です。夢占いとは夢から深層心理を診断する占いです。夢占いに関する質問集もあります。無料の夢占いは毎日受け付けています。
msgbarbottom

2015年02月16日 家と祖母の夢

昔から現在に渡り住んでいる実家が、少しずつご近所の方々の手によって壊されて行きます。
私に止める術はありません。
半分ほど壊された家の中を私は彷徨います。

あの部屋にあった大事なものはどこかに移されてあるだろうかと探します。
すると、現実にはとうに亡くなったはずの祖母が、顔はそのままに体は赤子のように小さくなって苦しんでいるのを見つけました。

具合が悪そうな、黒っぽい体色の祖母を抱え、私はどこかで介抱しようと再び家を彷徨います。
家の中は途中から見たこともない構造になっていて、壊した部分が建て替えられたのだと気づきます。
階段を上がったり降りたり、新しく美しいけど複雑で不便な、広すぎる家を歩き回ります。

ふと場面が変わって、大学時代の友人が台所で料理をしてくれています。
彼女と仏壇の隣の間で食事をし、布団で眠る前に話をします。
私は祖母が気になっていましたが、どうしても再会できませんでした。
「おばあさんならさっき家の中にいたよ。元気そうだったよ」と言われても気がかりでした。

目が覚めて、祖母が亡くなっていることを思い出し、ほっとしました。

夢占いの結果
いろいろな経験を積んだことで、ようやく見えてきたのは、初心の大切さと正当性のようです。

夢のキーワード(夢辞典)
実家→回顧、母性
壊される→再生
祖母→経験
階段→時間の流れ
大学時代の友人→未熟、可能性
料理→理解、納得、準備
食事→理解、納得



Leave a Comment