msgbartop
夢占いを無料で楽しむ夢手箱2.0です。夢占いとは夢から深層心理を診断する占いです。夢占いに関する質問集もあります。無料の夢占いは毎日受け付けています。
msgbarbottom

2012年06月07日 犬を保護する夢

夜、家で、姉が私をこっそり庭に連れ出しました。
そこには、小さめの犬がいました。この時点では、黒っぽい毛並み。まだ首輪がついていました。
迷っていたところを姉が保護したようです。
家の中にいる両親に見つからないことを願っていましたが、たまにクンクンと音を出す程度であまり鳴かずにほっとしました。
おとなしくて人懐っこい犬です。

そのうち、道路に出そうになったり、強そうな大きい犬が近づいてきたりしたので、こちらに引き寄せて守りました。
その時、犬が何か人間の言葉をしゃべって楽しくなりましたが、気のせいのようでもありました。
この時点で犬は薄い茶色の毛になっていました。

とってもかわいい犬で、膝に乗せていたらうとうとしていました。
この時点ですごく日差しの暖かな昼間になっていて、犬はよく見たら真っ白な子犬でした。
毛並みもすごくきれいで、なでたり抱いたりしていました。

両親に見つかり、飼うのは反対されましたが、首輪から持ち主を探して、その間だけ保護しようと思ったところで目が覚めました。

夢占いの結果
最悪のスタートですが、後はもう良くなる方向しか残っていないのだから、「終わりよければすべてよし」です。

夢のキーワード(夢辞典)
夜、黒→不安、吸収
姉→見本、客観
犬→生活の充実
しゃべる→交流、しがらみ
白→始まり
両親→保護、育成
首輪→確保、所有



Leave a Comment