msgbartop
夢占いを無料で楽しむ夢手箱2.0です。夢占いとは夢から深層心理を診断する占いです。夢占いに関する質問集もあります。無料の夢占いは毎日受け付けています。
msgbarbottom

2011年05月04日 占い猫が死んでしまう夢

<一夜目>占い猫に出会う編
自宅から道を挟んで二軒隣りの家(現実では幼馴染の家)の玄関先にシャム猫を発見する。(時間帯は昼間。空は真っ白な空で日が燦燦と照っているわけではない)

私は動物の言葉が分かると言う設定。
「こんにちは」とシャム猫に挨拶すると猫も話かけてきた。
話の内容は私に関する事。まるで占い師の様に今後の私について語ってくれた。
私は決して猫には触らず話に耳を傾けていた。
その後、数日その猫と会話をする機会があり、同じように話に耳を傾けていた。(ただ、話の詳しい内容はまったく覚えておりません)

<二夜目>占い猫が死んでしまう編
その日も占い猫に会いに行く。(やはり昼間)
すると猫の姿が見えない。
占い猫の隣の家の玄関先に猫が三匹いたので占い猫のことをたずねると「占い猫は死んだよ」「体に石が出来て死んだよ」「もう帰って来てるよ」と教えてくれた。

その話を聞いていると、占い猫の家から着物を着た中年女性が泣きながら出てきて(その姿を見て水商売の女将さんだと思いました)「早いほうがよかったのよ、ちゃんと石も取れたのよ」と猫の体に溜まっていたと言う石を見せてくれた。
灰色の小さな石が数個、手のひらに乗っていた。
そうして見せてくれた占い猫の遺体はなぜか手のひらサイズに小さく、ホルマリン漬けの真空パックになっていた。その姿を確認したところで目が覚めた。

夢占いの結果
時間が解決してくれます。
ジタバタしても解決しません。

夢のキーワード(夢辞典)
近所→日常
猫→愛情、自立
会話→交流、しがらみ
占い→依存
3→調和
死→再生
中年→経験
石→気持ち



Leave a Comment