msgbartop
夢占いを無料で楽しむ夢手箱2.0です。夢占いとは夢から深層心理を診断する占いです。夢占いに関する質問集もあります。無料の夢占いは毎日受け付けています。
msgbarbottom

2011年02月15日 身体からミミズが出てきた夢

(自分は9歳ぐらいの男子のような気がするが、その9才男子と自分の存在の境界があいまいで、元のリアル自分を認識しているときは9才男子を他人と認識したりもすることがある、どこで認識が切り替わっているのか覚えていない)

体の中から寄生していたミミズが出てきた。出てきたミミズはなんだか手に届く場所にある。
ミミズ気持ち悪い。
出てきたミミズはスキあらば私の口の中に入ろうとする。必死で入らないように頑張る。

昔々、墨堤の桜が咲く季節の晴れた昼間、隅田川には赤い和紙で出来たハリボテ(提灯とかねぶたみたいな材質でヨットの帆のような感じの形状)を載せた木の船(人間が乗れるサイズ)が一面に浮かんでいてそれはそれはきれいだった。

先程のミミズはちり紙でくるんだのだが生きている。ていうか人体の中で消化されずに生き延びているなんてなんて生命力
ミミズが口と肛門で出来ていると思うと気持ち悪い。
ミミズが私の口に入ってきた、必死に口から取り出したら一部が切れて私の体内に残った。飲み込んでしまった。気持ち悪い。

墨堤の桜が咲いたらまた隅田川に赤やピンクのハリボテ(材質形状は先程と同様)を載せた船を一面に浮かべようか・・・まぁ船は今時の鋼鉄製の白い乗用のになるだろうけれど。

夢占いの結果
人は届かない夢に憧れるモノです。
届かないことを嘆くより、夢を見る気持ちを楽しむほうがよいのでは。

夢のキーワード(夢辞典)
男の子→未熟、可能性
ミミズ→邪念
口→社交、窓口
川→計画、工程、境界、仕切り
船→好奇心
飲み込む→納得



Leave a Comment