msgbartop
夢占いを無料で楽しむ夢手箱2.0です。夢占いとは夢から深層心理を診断する占いです。夢占いに関する質問集もあります。無料の夢占いは毎日受け付けています。
msgbarbottom

2010年10月31日 宇宙の構造アトラクションと盲導犬の夢

何かの集まりで、小さなグループにいる。講演会か何か覚えていない。小さなステージとして使えそうな場所を使っていたかもしれない。
人々は少し下に下りて話をしたりしていた。(私がどうしていたか覚えていない。)

気になって惹かれていた男性がいる。
その人は、集まりが終わってから、私が建物の構造上紆余曲折している廊下を通り、つまり、私の視界から離れ、階段を上がったり下りたりして行来している内にどこかにいなくなる。
私は、上に行って、散らばっていた机の上を片付けて拭こうとする。他の人が拭いてくれたかもしれない。(昨日、食卓の後だれかが使っていたテーブルを拭いてくれたのでその時だったか、それとも夢だったか、夢がどうだったか覚えていない。)

曲がりくねった廊下とステージかステージの裏に続く階段を通って元いた場所に戻ろうとすると、最後の段差がいつもよりとても高くて驚く。
いつもこんなに高かったか不思議に思う。
後で、もう一度通ってみると、その段差はいつもと同じようになっていて、階段が移動式になっていて、私が通った時はたまたま高くなっていたのだと分かる。

教会で新しいアトラクションがある。宙に浮かんでいる。
宇宙をバックに、現実大の大きさからか、もっと小さい単位からか、10倍ずつ大きくなっていく視野を銀河系とその10倍の物まで浮かびながら見せてもらって、その後、もう一度帰ってくる。
ずっと一人で見ている。感動する。

下に下りてみると、同じアトラクションに参加していたと分かった人々のグループが教会の会堂の右側に10人位、男女混ぜている。旅行客のように見える。

教会で、さっき気になって、話したかった男性がまだいるような気がして探しているが、見つからなかった。帰ったんだとがっかりして、おちこんでいる。

場面転換
自分の盲導犬の話をしていた男性。男性とその盲導犬が濁流にのまれかけて溺れている。川だったと思う。
それがその男性が話してくれたことだったか、男性と話した後、実際に夢の中で見たことかは、覚えていない。

夢占いの結果
あなたの設定した目標はすでにあなたの元を離れ、周知のモノになっています。
そのため、今さらあれは暫定目標であったと言うことも出来ず、軌道修正もしづらいモノになってしまいました。

夢のキーワード(夢辞典)
集会、アトラクション→公開
好きな人→期待、目標
廊下→計画、工程
片付ける→精算
階段→時間の流れ
教会→依存
宇宙→展開
旅行→仮、暫定
犬→生活の充実
おぼれる→迷い、ためらい



Leave a Comment