msgbartop
夢占いを無料で楽しむ夢手箱2.0です。夢占いとは夢から深層心理を診断する占いです。夢占いに関する質問集もあります。無料の夢占いは毎日受け付けています。
msgbarbottom

2010年10月19日 まるでバイオハザードのような夢

一度何者かに襲われた町の住人が蘇り、生きている人を襲うという内容です。
何者かとは、映画バイオハザードに出てくるような化学で生み出されたような化け物でとてもすばしっこく人を襲います。
その何者かより、蘇った人の方が恐怖でした。

故郷の町で行われる秋祭りが舞台となっていて、はじめは私も普通に町で行われる縁日を楽しんでます。
それが気がつくとゾンビがいるという事に気づきます。
町がパニックになるかと思えばそうでもなく、私のように避難する者もいればまだ秋祭りを楽しむ者もいました。
とりあえず山にある私の家に家族と共に避難します。

しかし、窓などの隙間を見つけて化け物やゾンビが侵入してこようとします。
実際に侵入されても家族が殴ったり金属バットで応戦したりして危ない状況ではありましたがパニックになる程ではありませんでした。
途中、避難してきたと思われた外国人の子供が玄関をガタガタやってましたが、結局ゾンビでドアを開けた瞬間に弟を襲い、弟は金属バットでゾンビの頭を打ち付け何とかなりました。

私自身はゾンビと戦ってません。ただ、ゾンビが入ってこないかすごく心配してました。
また、ゾンビを警戒しつつ家を脱出するために母親と一緒にバッグに衣服をつめたりしたました。
その間、場所は違うけど同じように避難している頭の良い少年少女の集団から通信が入り、電線をつたって物資の補給と応援が来ました。

ここからちょっと夢が変わって、いつの間にか私の家には避難した人が何人かに増えてました。
しかも、家の一部が教室のようになっていて私を含め避難しているみんなでフランクな授業を受けてました。
漫画のキャラクターが一部混じっていたり、全く知らない人、私の同級生とごちゃまぜでした。

そんな折、秋祭りに参加していた少年マンガのキャラクター(主人公)がゾンビになってしまい、雄叫びをあげながら家の方へ近づいてきます。
授業を中断して、同じ少年マンガに出てくるキャラクター達数人が主人公を食い止めるために家を出ます。
すると、教室にあるテレビがつき、そこに主人公が映りました。
そして名指しで「見つけたよ。(私の名前)さん。」といい、主人公が出した光線がテレビから出ました。
その光線にあたった人は死んでしまったり、かすった人は一部分がとけたり・・・
私も左顔面に光線を浴びましたがなぜか何ともありませんでした。
私はテレビの光線が当たらないように教室のみんなに「頭をさげて!」など指示してました。

結局そうやっているうちに目が覚めてしまいました。
全体を通して、家に立てこもっている時にゾンビに侵入されないかという恐怖と心配が強かったように思います。
ゾンビ自体はあまり登場してません。

夢占いの結果
昔取った杵柄とやらで乗り切ることにしましたが、予想以上に期待されてしまい、ちょっと焦っています。

夢のキーワード(夢辞典)
祭り→旬、機会
化け物、戦い→解決
ゾンビ→再生、否定
家族→日常
山、光線→期待、目標
外国人→未知
子ども→未来、可能性
バッグ→課題、義務
電線→交流、しがらみ
自宅→居場所
授業→知識、規律
キャラクター→注目、華
死→再生、別れ



Leave a Comment