msgbartop
夢占いを無料で楽しむ夢手箱2.0です。夢占いとは夢から深層心理を診断する占いです。夢占いに関する質問集もあります。無料の夢占いは毎日受け付けています。
msgbarbottom

2009年11月16日 恐怖の夢

私は、同じクラスの子と一緒に大学から帰る途中でした。
しかし、その大学からの帰り道は私の本当の大学とは全く違います。(しかし私はそこへ通っていました)
クラスの中で結構仲の良い子と2人で一緒に話しながら帰っているとき、ふと気がつくと、後ろに何か変なものが着いてきています。
それは、一見すると人間の小さいもの、のように見えるのですが、しかし人間の雰囲気はせず、不気味なものでした。でも、はっきりとはわかりません。
小さい子供のような、変な者が私たちのあとを飛びながら着いてきました(飛び方はピョンシーのような感じでした)。

私たちは途中で近道である階段を上り、ある大通りのような場所に着きました。
その場所は行ったことのある場所、では無いのですが、以前の夢にも出てきた2度目の場所です。
おそらくその夢の時も、学校帰りでした。
しかし何かわからない変な生き物は階段を上れないようで、先ほどの道路を近道をせずに進んでいきました。
しばらく、私と友人の女の子は二人だけでした。私たちは普通に歩いていたと思うのですが、
しばらくすると反対側の歩道にそのピョンシーのような生き物が来たのです。
追いつかれてしまったようでした。しかし、なぜかわからないけど、近道せずにあの大通りに来るには相当の時間がかかるはずと私は思いました。友人も同じです。
しかし、追いつかれてしまったのです。

そこで私は恐怖にとりつかれ、友人を急かし、足を速めました。
すると、生き物もぴょんぴょんと速く飛び、私たちに追いつきました。
そこでその生き物は「ねぇ、遊ぼうよ」といったことを言ってきたと思います。
そこで私はその得体の知れないものがやはり人間では無いような気がして、恐怖におびえました。

最終的に私は走り出し、デパートの外側のような、エスカレーターがある場所に着きました。
柱の間を追いかけっこのように私と生き物は走り、その生き物は
「どうして逃げるの?」と言って、
私の胸の高さほどまで飛んで、飛びついてきました。

私はそれを叫んで払いのけ、エスカレーターに飛び乗り、駆け上がった…
つもりでした。
しかし、エスカレーターの小規模な将棋倒しのようなものが起こり、
私はまた下まで戻っていました。

そこで気づいたのですが、小さな生物は、私が払いのけたときの衝撃で床に倒れて動かなくなっていたみたいです。
将棋倒しで一緒に落ちてきた人たちは私の周りを取り囲み、
「どうしてそんなことをしたのか?」と一斉に問い詰めてきました。

その中に同じサークルに所属している男の子もいました。
彼は、半ズボンにストラップだけ、というとても変な格好をしており、一言私に
「どうしてそんなことしたの?」と静かに、でも冷たく問いかけました。
私は答えることができませんでした。

夢占いの結果
今求められているのは、よそ行きの顔をすることでなく、ありのままの素顔を見せることかもしれません。

夢のキーワード(夢辞典)
大学→日常、情報
変な存在→ナビゲーター
建物→個性、威厳
エスカレーター→時間の流れ
サークルの友達→日常
衣服→体裁、教養



Leave a Comment